肉用牛肥育経営安定特別対策事業補填金単価

肉用牛肥育経営安定特別対策事業
肥育牛補填金単価
平成29年4月期
(単位:円/頭) 
区   分 肉専用種 交 雑 種 乳 用 種
平均推定粗収益(A) 1,284,147 726,120 436,253
平均推定生産費(B) 1,097,809 (誤)738,120
740,127
(誤)504,500
505,903
差額(C)=(A)−(B) 186,338 (誤)▲12,000
▲14,007
(誤)▲68,247
▲69,650
暫定補填金単価
(D)=(C)×0.8
(誤)9,600
11,200
(誤)54,500
55,700
概算払補填金交付単価
(D)−4,000円
5,600
(追加交付) 1,600
50,500
(追加交付) 1,200
愛知県での減額交付 (※3) 減額はありません。
肥育牛補填金の交付日 1回目のみ: 平成29年6月28日(水)
追加交付 : 平成29年7月13日(木)
※1 上表の(C)差額が、「▲1,000以内」の場合は、補填金交付はありません。
※2 補填金単価は、100円未満額切り捨てとなります。
※3 平成26年4月分から消費税抜きで算定しています。
※4 交付財源(本県の各品種基金)が不足する場合、補填金算・闥P価(概算払)を減じます。
※5 平成26年度より、配合飼料価格安定制度の変更に伴い、本事業の補填金について毎月払を継続するため概算払方式を導入していますが、四半期の1カ月目と2カ月目は 概算払後、四半期最終月期(3カ月目)に精算します。
※6 概算払交付は確定額より過払いとならないため、一定額(現段階では4,000円)を減額しています。
参考資料:(独)農畜産業振興機構ホームページへ http://www.alic.go.jp/operation/livestock/assistance-marukin.html
●事業での対象契約肥育牛に対する1頭当たりの補填金単価の推移
●平均粗収益及び生産費、枝肉価格の推移
●事業の補填金単価算定に用いる素畜費・飼料費、●当該期の費用合計