肉用牛肥育経営安定特別対策事業概要


【 通称事業名 第3牛マルキン
 肉用牛肥育経営安定特別対策事業業務方法書(H30.6.12一部改正) 

 肉用牛肥育経営の安定を図るため、生産者の拠出(生産者積立金)と国((独)農畜産業振興機構)の補助により各品種の肥育安定基金を造成し、収益性が悪化した場合に、粗収益と生産費の差額の一部を補填することで、肉用牛肥育経営の安定を図ることを目的とする事業です。
四半期における肥育牛の1頭当たりの平均粗収益が、同期の生産費を下回る収益性の悪化時に、その差額の8割を上限)にとして、本事業の契約生産者である肉用牛肥育生産者に対し、該当期に販売した契約肥育牛頭数に応じて補填金を交付します。
(注)平均粗収益、平均生産費とも全国平均となります。
)平成30年度に限り、補填割合が9割を上限に変更されます。
肥育牛補填金単価は、各品種区分ごとに(独)農畜産業振興機構で算定され、収益悪化時の差額(赤字幅)が▲1,000円以上となった場合に補填金を交付します。ただし、各品種の基金額(補填交付財源)を超える場合は、基金額内での補填単価で交付します。

事業概略図

ア.基金への拠出割合 生産者:国(機構) = 1:3
イ.事業実施期間 平成28年度〜平成30年度の3年間。
ウ.対象品種区分 肉専用種、交雑種、乳用種の3品種区分。
エ.補填算定期間 四半期毎。
ただし、現在は暫定的に毎月算定で実施。
オ.生産者積立金等
(肥育牛1頭当たり)
 平成30年度
肉専用種  5,000円+手数料600円
(28年度単価 13,000円)
(29年度単価  6,000円)
交 雑 種  13,000円+手数料600円
(28年度単価 25,000円)
(29年度単価 19,000円)
乳 用 種  11,000円+手数料600円
(28年度単価 26,000円)
(29年度単価 22,000円)
生産者積立金は、毎年度単価の見直しを実施