優秀畜産表彰


畜産の経営や技術の向上を図るため、家畜品評会の優秀家畜や、養鶏振興に寄与した者を表彰しています。
【橋養鶏賞】
養鶏業振興の一助とするため、養鶏業界の向上発展に顕著な業績をあげた者を選び表彰するとともに、その成果を紹介しています。
生涯を養鶏にかけた先覚者、高橋廣治氏が設立した財団法人橋養鶏賞財団が褒賞していましたが、畜産団体の統合に伴い、現在は愛知県畜産協会が実施しています。
 高橋養鶏賞歴代受賞者 




    第39回高橋養鶏賞表彰式
平成26年6月26日 愛知県畜産協会の総会終了後、第39回橋養鶏賞表彰式が行われ、当協会川上理事長から賞状、賞金、銀杯が授与されました。
技術研究部門を受賞された舩橋史憲さんは、昭和42年に(株)畜産興農社に入社し、長年にわたって養鶏や養鶉農家への病性鑑定、衛生対策指導、経営指導等幅広く対応されてきました。
また、平成21年に同社を退職後も家禽専門家獣医師として「舩橋ファームアシストサービス」を開業され、現在も活躍中です。
鶏病研究会愛知県支部で役員を務められるとともに、豊かな経験を活かし、多くの方に技術の伝達や育成指導をされてきました。
また、近年は食の安全・安心への関心が高まる中、サルモネラによる鶏卵汚染問題への対応や、HACCP構築等へのコンサルティングも積極的に行われています。

《近年での表彰式》
 第40回高橋養鶏賞表彰式(平成27年度)
 第41回高橋養鶏賞表彰式(平成28年度)
 第41回高橋養鶏賞表彰式(平成29年度)